遮熱について

Thermal-barrier

ペットを飼っているので、夏は絶えずクーラーかけている!

部屋が暑くてギラギラする。クーラーなしではいられない!

夜、クーラーを切ると暑くて眠れない! 冷房費を軽減したい!

紫外線が心配!

窓際のソファーの色あせが気になる!

窓から入る日射しを和らげるには、

1.ガラスをLow-E遮熱タイプの複層ガラスに交換する。(※アタッチメントが必要)

2.窓の内側に樹脂性の内窓を取り付け、Low-E遮熱タイプの複層ガラスを採用する。

3.窓の外側に外部ブラインドを付ける。

4.ガラスを遮熱タイプの真空ガラスに交換する。

『照射熱は暮らしの大敵』

真夏の太陽が窓から差し込む時間は暑くて不快。 それは、太陽光線とともに照射熱も室内に入り、空気、床、家具などを温めて室内全体の温度を上昇させるからです。 窓にブラインドやカーテンをつけたとしても、一度入ってきた照射熱は室外に放出されることがなく、室温はさらに上昇。こうした状態で冷房を入れても、なかなか室温は下がらす、無駄なエネルギーを消費することになります。 窓に遮熱タイプの複層ガラスを使用することで、こうした熱の侵入を少なくして、冷房効率をアップすることが可能。夏を涼しく快適に過ごせます。

s-1 s-1-2

『Low-E遮熱タイプ複層ガラス』
●夏は太陽光の侵入を防ぎ、冷房効果を高めます。

室外側ガラスにLow-E(低放射)金属膜をコーティングした夏冬兼用の遮熱高断熱タイプのLow-E複層ガラス。
●室内に入る太陽光を50%以上カットし冷房効果を高めます。

●冬は暖房熱を外に逃がしません。

Low-E金属膜が冬の室内熱を外に逃がさないため、通常の複層ガラスより暖房効果が上がります。
●紫外線も70%以上カット

紫外線領域の吸収性が高いため、太陽光だけでなく、紫外線も大幅にカットします。

s-2 s-2-2

1.アタッチメントでLow-E遮熱タイプ複層ガラスに交換する

一般住宅のガラス溝は、おおむね9mmです。

単板ガラスなら、厚さ6.8mmのガラスまで対応しますが、複層ガラスに取り替える場合は、複層ガラスの厚みが10mm以上あり、入りません。そこでアタッチメントで複層ガラスを取り付けます。
ただ、掃き出し窓など大きな窓に複層ガラスを取り付けると、障子が重くなり動きが悪くなることもあります。

s-3

 

s-4

2.樹脂製内窓を取り付け、Low-E遮熱タイプ複層ガラスに採用する

今お使いの窓の、内側にある木枠を利用して、樹脂製の内窓を取り付ける簡単リフォームです。
●樹脂製の枠と障子で高断熱サッシが実現。

冷房効果を高め、結露を減らす優れた断熱性と高い遮音性、二重窓でさらに安心の防犯性能を発揮。
●1年中快適に過ごせます。

s-5
s-6

3.外付けロールスクリーンを取り付け日射をカットする

外付けロールスクリーンは日射熱を約60%カット。

夏の強い日差しをソフトな光に変える「洋風すだれ」です。

空調機の使用時でも遮熱効果により、冷房費を削減します。
スクリーンを下ろし遮熱したまま、窓を開け爽やかな風を取り入れることもできます。

s-7

 

4.真空ガラスに取り替える

複層ガラスは、厚さが12mm以上もあるため、専用のサッシやアタッチメントが必要ですが、スペーシアは2枚のガラスに真空層を挟み込んだ形状で、厚さが6mmと薄く、今お使いのサッシにそのまま取り替えることができます。

ご存知のように真空層は、熱や音を全く伝えないので、断熱性や遮音性に優れています。

s-10

 

▼遮熱性能比較

s-9 s-11

株式会社栗原

K-WINDOW営業部

〒360-0011
埼玉県熊谷市池上800

  • 048-523-0371
  • 048-523-0175

平日9:00〜17:00(土日祝休み)

本社

〒113-0033
東京都文京区本郷3-4-1

  • 03-3816-1151
  • 03-3816-1565

平日9:00〜17:00(土日祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ